同時多発テロとインサイダー取引

 お盆に日曜日ということで,ニュースはなにもございません。そんなわけで,昨日のコメントが分かり難かったかもしれないので,もう少し分かり易い説明をしておきたいと考えました。  8月15日は終戦記念日なので関連のニュースや特集が新聞テレビで組まれていましたが,来月9月11日は同時多発テロの記念日ということで,また当時を振り返る特集が組まれることでしょう。さて,9.11に関連してこういうニュースがあ…

続きを読む

インサイダー取引と金商法158条 ~吉村イソジン金商法事件に関連して

ヤフーニュース(東スポ):吉村府知事〝インサイダー騒動〟 関連銘柄の株価上昇で風説の流布、株価操縦に当たる可能性も吉村氏は研究成果の発表までの経緯について「当日の朝10時に大阪府のホームページに、大阪府病院機構と僕と松井市長で共同発表すると出したが、研究の中身については一切触れていない。会見で初めて発表した。製薬会社4社と国、研究している病院機構と大阪府の一部職員しか知らない話」と説明した 先日…

続きを読む

日本の金商法で「重要性(materiality)」の議論が貧弱な理由

 連休のためビジネスもお休みのため,目を引くニュースもございませんので,当ブログの看板に忠実に純粋な金商法ネタなど。  アメリカの証券規制を勉強したことのある方は,ケースブックなどで(情報の)重要性(materiality)という項目に多くのページが割されていることはご存知でしょう。主として虚偽記載の責任に関連して記載内容の重要性が問題になりますし,インサイダー取引における情報の重要性でも…

続きを読む

会社関係者は一定の経路で情報を得ないとインサイダー取引規制違反には問われない

私法判例リマークス 第61号【2020】下 本日,インサイダー取引規制違反の課徴金納付命令取消訴訟(東京地判令和元年5月30日)の評釈を書いた上記文献が出版社から送られてきました。最初は特段目新しくないように思えたのですが,判決を読んでいるうちに,色々と面白い論点があることが分かりました。専門的な話は本文に書いたので興味のある方はそちらをご覧頂くとして,評釈と直接関連しないお話を一つ。  よ…

続きを読む

インサイダー取引規制のバスケット条項は絶賛拡大中 ~タイムリーに規制を変更しなければ明確性がダイナシ

証券取引等監視委員会:金融商品取引法における課徴金事例集~不公正取引編~  現在インサイダー取引規制ネタで判例評釈を2本記念論文集の論文1本を公表予定です。半年ほどインサイダー取引規制について考えていたので,まだ頭の中がインサイダー取引状態(?)です。もう1,2本インサイダー取引規制で何か書こうかと思い,上記課徴金事例集をパラパラと読んでおりました。ご承知の通りこの資料は最近の不公正取引の事例…

続きを読む

重要事実の一部を知っただけでインサイダー取引規制違反は成立するのか?

 先日,「私法判例リマークス」の原稿を編集部に提出しました。ちゃんと教育以外の仕事もやっていますエヘン いえ,マジメに仕事をしていることをアピールしたいわけではなく,担当した裁判例が意外と面白かったのです。 東京地判令和元年5月30日  なつかしの「公募増資インサイダー取引」で課徴金納付命令を受けた投資家が処分の取り消し等を求めて請求が認められた事件です。事案は面倒なので,単純化すると,日本…

続きを読む

インサイダー取引規制の解除要件「公表」から,報道機関による「公表」は削除すべき

 昨日担当した判例(最決平成28・11・28刑集70・7・609)は,半導体関連の上場企業2社の合併について日経のスクープ報道がされた後,適時開示で正式な公表がされる前に,半導体部門を担当している経産省のエライ人が,妻名義で当該銘柄(NECエレクトロニクス)の株式を購入したことが,インサイダー取引規制違反とされた事件です。論点の1つは,「情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実…

続きを読む

「議決権行使助言会社の規制」が公表されました

 日本証券経済研究所のHPで拙稿「議決権行使助言会社の規制」がアップされたようです。原稿提出から約2週間でアップとは,いつもながら仕事の速さに感服いたします。 証券規制などは動きの速い分野なのでこれは有難いことです。  本稿の内容には当ブログでコメントしたことの多くが反映されております。国際的にみても,議決権行使助言会社の規制については,その不透明さを取り除くべきだ,という流れが主流で,人的物…

続きを読む

議決権行使助言会社の規制反対論について考えてみた

 議決権行使助言会社を規制すること自体を批判する見解があります。アメリカでは議決権行使助言会社の規制法案が近年2回も流れたくらいですから,それなりの勢力なのでしょう。先のSECの委任状規則案の票の別れ方を見ても分かるように,上場会社の意向を受ける規制強化側は共和党で規制反対は民主党という大雑把な括りになるようです(アメリカ政治は素人なので自信ないけど)。では,それはどういう理屈なのでしょうか? …

続きを読む

フォートレスのTOB価格引き上げがわずかだった理由 ~ 目的は公開買付期間の延長

 さきほどの補足です。フォートレスは公開買付価格をチョビッと引き上げたと同時に公開買付け期間を10営業日延長しました。以前公開買付け期間は最長60営業日までと解説しましたが,幾つか例外があります。その1つが条件を変更した場合です(金商法27条の8第8項)。この場合には,義務的に延長しなきゃいけないわけですね。 公開買付者は、公開買付期間中に、第一項若しくは第二項の規定による訂正届出書を提出する場…

続きを読む

フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m