本日の研究会

 本日の研究会は大阪市立大学のK先生の「1980年代における金融革新とドル体制の展開」というご報告でした。内容的にかなりアウエー感の強い内容で耳学問をさせて頂きました。EUの資産運用業界で使われた「ベルギーの歯医者」という言葉を初めて知りました(笑)。帰りに寄ったデパ地下では春節に入ったせいか中国語をたくさん聞いたような…。

続きを読む

本日は「時価総額の小さな地銀の現状とバランスシート」「投資商品販売勧誘規制の在り方」について

 本日は証券経済研究会がありました。最初はS先生が「時価総額の小さな上場地方銀行の現状とバランスシート」についてご報告。東証の一部に上場している地方銀行のうち,時価総額が下位の方のものの財務内容などを多用面から検討された内容でした。地方銀行には良きにつけ悪しきにつけ地域それぞれの事情というか歴史というのがあるのだなあ,ということがよく分かりました。地銀の資産運用では,マイナス金利の時代になり国債…

続きを読む

市場間競争は内国会社と外国会社とで区別して議論すべき~昨日の研究会の備忘録

 昨日のJPX研究会での議論の備忘録です。当ブログでも何度か扱いました市場間競争(上場獲得競争の方)についてです(たとえばコレ)。アメリカは議決権種類株に比較的緩い立場でグーグルなども上場を認められ,香港取引所は一度はアリババに逃げられたけど議決権種類株の上場を認めたので戻ってきてもらえた,さて,日本はどうするのだろう?といった類の議論です。いままでボンヤリと議論してきましたが,市場間競争と規制…

続きを読む

本日のJPX研究会は「議決権種類株式の上場」

 本日は有価証券上場規程の検討シリーズ7回目「議決権種類株式の上場」というテーマで同志社大学のS先生がご報告でした。議決権種類株式の上場に対して東証が基本的に慎重なスタンスを取っていることは,なんとなくわかっておりましたが,具体的に上場規程でどのような定めがなされているのかは存じませんで,色々と勉強になりました。「議決権の少ない株式」の規程上の定義規定がかなり特異なものであるなど,東証の方の説明…

続きを読む

本日はデジタル通貨と財務省証券の流通市場の新動向

 本日は証券経済研究会に参加して参りました。テーマは1つめは大阪経済大学S先生の「イングランド銀行における中央銀行デジタル通貨の検討」でした。中央銀行がデジタル通貨を発行した場合にどうなるのか,というお話でイングランド銀行における検討内容と北欧諸国の動向等について勉強させて頂きましたが…門外漢にはちょっと難しかったかも。2つ目は京産大Y先生の「米国財務省証券流通市場の新動向」についてのご報告。債…

続きを読む

適時開示とプレスリリース

 先日,JPX研究会記録の校正をしながら当日の議論を振り返っておりました。私は無駄な言葉が多いので,論理的に話をする人に比べて校正を要する発言が多いので手間がかかります ムダだけならいいのだけど,最後の方になると疲れてきてしまい,東大のI先生の発言の趣旨を取り違えて頓珍漢な回答をしてしまい…お恥ずかしい限りですm(_ _)m  とはいえ,考えるヒントが多くあった研究会だったのはたしかです。たと…

続きを読む

「議決権行使助言会社の規制」の原稿提出しました (^.^)

 先日証券経済研究会で研究報告させて頂いた議決権行使助言会社の規制に関する論文が,今日ようやく出来上がって提出致しました。証研レポート12月号に掲載して頂けるようです。以前も申し上げましたが,コチラのシステムでは原稿提出後掲載までの期間がスッゴク早いので,ネットで公開されるまでさほど時間は要しないと思います。  今回は,欧米の制度の紹介もしましたが,それよりもLIXIL事件で色々と考えさせられ…

続きを読む

本日は「子会社上場審査と上場子会社管理」

 本日はJPX研究会があり,同志社大学のF先生より有価証券上場規程の具体的検討6回目として「子会社上場審査と上場子会社管理」というテーマでご報告がありました。ハヤリの親子上場の議論が深く関るもので,とても興味深い内容でした。AスクルとYフ―あたりを念頭に置いた議論では,報告者のF先生も含めてフロアーの先生方も子会社の社外取締役に親会社からの独立性を守る役割を過剰に期待をしても仕方がない,という見…

続きを読む

本日は「ペリオディック・オークションに対するESMAの見解」

 今日は証券経済研究会でした。研究報告はY先生の「ペリオディック・オークションに対するESMAの見解」です。アメリカにせよEUにせよ取引所以外でなされる取引の規制の在り方に関する議論が活発になされております。日本では,良くも悪くも取引所がほとんどすべての取引を取り込んでいると同時に(おそらく)規制当局が市場分散を過度に警戒し取引所外の取引を制限しているように見えるため,そういう議論はほとんどない…

続きを読む

JPX研究会で「適時開示」の研究報告  ~ 予想以上に面白かった (^_^)/

 本日はJPX金融商品取引所法研究会の有価証券上場規程シリーズの「適時開示」について報告させて頂きました。私の報告内容自体は東証の『会社情報適時開示ガイドブック』を纏めて若干の問題提起をした程度のものでしたが,フロアーの先生方の問題意識が高くてスゴク色々な議論があって面白かったです。始まる前に同志社のI先生や関学のI先生とも話をしていたのですが,「適時開示」というのは実務上も理論上も重要であるの…

続きを読む

フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m