論文作成は文献を読んで色々考えているときが一番楽しい

 証研レポートは数日前に校了,JPX研究記録「適時開示」の校正も報告者だったので時間がかかりましたが,あと少しで終わります。同時並行的に還暦記念論文の原稿にかかっておりますが,ようやくこちらに本腰を入れることができそうです。今月末の〆切間に合うか…?やっぱり少しは延びるよね…
 当初は壮大なテーマ(?)を設定して夏休み前後にせっせと文献を読み込んでいたのですが,規定分量を大幅に超過しそうになり,なによりも期限までに完成するかも怪しくなりました。そこで秋口にテーマを変更したため,時間のロスが生じた次第です(←言い訳です)。一応大雑把な筋は決まっているのだけど,外国の関連文献のチェックが追い付いておらず,現在読み込んでいるところです。
 こうやって関連文献を読んで色々と考えを巡らせるときは,論文を書いていてとても楽しいです。もちろん,完成しても嬉しいのですけど,どちらかというとほっとするという方が正しいような…。完成が近づくにつれて,主張を絞り込んでいく関係上(全く書かなかったり注に落としたり)面白いところを幾つも切り落とすことになり残念な思いをするので,自分としては半ば頃が一番楽しいです。
 論文のテーマは大きな括りでいうとインサイダー取引規制ですけど,もう少し内容がハッキリしてきたらブログにも書きたいと考えております。とくに切り落とした部分についてはここでネタとして取り上げなくては
フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m