休眠預金等は公益活用前に銀行が事実上没収 

日経:不稼働口座に手数料 三菱UFJ銀、来秋にも新規開設分
三菱UFJ銀行は2年間取引がない不稼働口座に手数料をかける検討に入った。新規開設分が対象で、2020年10月にも年1200円の口座管理手数料(総合2面きょうのことば)を導入する計画だ。銀行の収益力は長引く低金利で低下している。口座管理費の有料化は採算の合わない金融サービスから対価をもらう大きな転換となる。他の金融機関も追随する可能性がある。
三菱UFJ銀行は不稼働口座から手数料を取ることにするそうです。私も以前転居を繰り返していた頃は,近所の銀行で口座を開いておりましたので,三菱UFJを含めてそれなりの数の不稼働口座があるはず。しかしそれら口座は住所の変更手続きをしていないので,銀行としても本人と連絡が取れない状態にあるのでしょう。
 ところで,数年前に休眠預金を公益目的で没収する法律ができました。
金融庁:休眠預金等活用法について
休眠預金等活用法に基づき、2009年1月1日以降のお取引から10年以上、その後のお取引のない預金等(休眠預金等)は、民間公益活動に活用されます。
 当時はニュースなどで不平を鳴らす街の声が報じられたりしました。しかし,銀行が休眠預金の口座から手数料を徴収するようになると,手数料で口座のお金が無くなると口座は閉鎖されるので,実際に休眠預金等活用法の出番はほとんどないのではないでしょうか?
 いえ,私は否定的な意味で申し上げているわけではございません。1つ1つの口座に残っているお金はせいぜい,数円から数百円程度の微々たるものでしょうが,塵も積もれば山となります。金は天下の回り物で,お金は動いてこそ人の役にたつのに,相当な額のお金を眠らせるのは宜しくないのでしょう。銀行であれ,公益目的であれ,そういうお金を活用してくれれば,巡り巡って私たちの利益にもなるのでしょう。どこにあるのか分からないお金に執着しない方がよいですね。
フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m