日産ゴーン事件は過剰なくらい報道するのにオリンパスは1行も報じない日本メディアの不思議

LIMO:高島屋、オリンパス暴落の理由は? 日経平均株価は続落
さらに、後場に社内弁護士が中国子会社での不正疑惑をめぐる訴訟で緊急会見を行ったオリンパス(7733)も一時▲12%超安の暴落となり、年初来安値を更新しました。
偶然見かけた昨日の相場関連ニュースです。これはもしかして,FACTAさんがフォローしている例の中国での贈賄事件関連のニュースかと思い,主要紙を調べましたが,どこにも掲載されていません。ようやく見つけたのが,こちら,
The Page【中継録画】オリンパスを相手取り訴訟 社内弁護士が記者会見
Olympus vs Its In-House Lawyer:オリンパスを相手取り訴訟 社内弁護士が記者会見(2018年11月21日)
 東大法科大学院修了→西村あさひ法律事務所→オリンパスって,この弁護士さんエリート!
 これまでもこのニュースはFACTA以外は国内の大手新聞・雑誌(東洋経済は例外)はほとんどスルーなので,日本外国特派員協会で記者会見したのは理解できます。ざっと見た限り,記者さんが質問しているJapan Times Financial Timesは報じていますね。きっと前回のオリンパス事件と同じく,外国で大きなニュースになってから国内の主要メディアが扱うのでしょう。それまでは,ずっと日産とゴーン氏のネタを扱うのかな。
 本当に憂うべきは,今朝書いたように新聞各社のスクープ合戦が低調になったことじゃなく,日本では大手新聞社はどこも同じニュースしか報じないことじゃないでしょうか
 とはいえ,主要紙が報じなくてもオリンパスの株価の下がり方を見れば,会見に十分なインパクトがあったことが分かります。日産のニュースに隠れてしまいタイミングが悪いのではと思ったけど,日産のニュースゆえに却って日本企業の不祥事に対する否定的な空気が流れる中での会見で,海外投資家には有効だったみたいですね。たしかに,FACTAの報道通りなら,オリンパスはトンデモナイ損失を被り企業価値が損なわれることになるかも。いずれにしても,ESG投資家は当分戻ってこないでしょう。日本の主要紙が「投資判断に影響を与える」ニュースを放置するのはいいけど,ネット全盛時代に自殺行為にならなければいいですが…
フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m