証券関係企業の明暗

 そろそろ大きなニュースが無くなる夏休み。ニュースも相場も一休みです。ただ,そうはいっても切り口次第でなにかしらネタはあるもので,本日の日経朝刊で探してみた結果,こんな風にまとめてみました。 証券株 割安のまま放置 勢い欠く相場を反映 銀行など割安株に資金が回帰する流れの中で取り残されているセクターが証券株だ。野村ホールディングスが27日、東海東京フィナンシャル・ホールディングス、いちよし証券…

続きを読む

バリューアクトとオリンパス

オリンパスの株主に新たにバリューアクトという物言う株主が加わったというニュースが2か月ほど前にありました(物言う株主のオリンパスへの投資目的は…)。そのときは,中国のリスクが大きくないと判断したのか,あるいは外部からガバナンス改革に乗り出すのか…意図が読みにくいとコメントしました。中国疑惑の元ネタであるFACTAさんは最新号でバリューアクトについても触れています。 FACTA:笹社長の首にバリ…

続きを読む

上場企業のコーポレートガバナンス論と「そーゆーお前はどうなんだ論」

 機関投資家のアクティビズムについて話題になり始めたのは1980年頃のアメリカでした。その中心にいたのは,(最近はあまり前面に出ませんが)カルパースなどの公的年金基金でした。当時は社会的投資(social investment)という名前でいま流行のESG投資みたいなことを行っていました。ただ,当時はどちらかというと,州の公的年金基金が自州の企業に投資したり,投資先に自州への投資を促すなど,かな…

続きを読む

BANANA FISHはよく出来ています

フジテレビのノイタミナ枠でBANANA FISHが始まり,1月ほど経ちました。30年位前の作品なのに,なんで今頃アニメ化されたのか分かりませんでしたが,ウイキペディアによると作者である吉田秋生の(デビュー?)40周年記念プロジェクトの一環だそうです。吉田秋生といえば「吉祥天女」なんかもよかったなあ(「海街diary」は読みかけ中断中)。  BANANA FISHはずっと昔に読んだので,名作と…

続きを読む

ETF市場の流動性向上

 昨日の研究会では,大阪大学のK先生が2017年度の金商法改正に絡んで,ETF市場の流動性の向上などに関する報告をされました。次回のフェアディスクロージャー,その次の高速取引規制に入る前にその他項目を扱うということなのですが,それらメジャーなテーマに比べると関連資料がとても少なく,背景の説明もせいぜい新聞等しかないので,かなりご苦労されたようでした。  とはいえ,ETF市場の流動性向上は金融庁…

続きを読む

総会のあとは議決権個別開示の季節

日経:機関投資家の目 厳しく 野村アセット、株主提案賛成12%に 株主総会の場での影響力行使に機関投資家が一段と積極的になっている。野村アセットマネジメントは26日、4~6月に開かれた総会における個別の議案に対する賛否結果を明らかにした。会社と対立して出された株主提案に対する賛成比率は12%と前年の7%から上昇。グループと関係の深い企業であっても、是々非々で判断するケースも増えている。  注目…

続きを読む

仮想通貨と総裁選挙

日経:金融庁職員を処分へ  菅義偉官房長官は25日の記者会見で、野田聖子総務相に関係する情報公開請求を巡る金融庁から野田氏への情報漏洩に関し、関連した金融庁職員を処分する方針を示した。処分の必要性を問われ「当然、何らかの対応はしたい。金融庁でそうした対応をするだろう」と述べた。「金融庁が開示請求者に関する情報を事前に伝えたことは極めて不適切だ」と話した。 見出しだけを読むと,また官庁職員が問題を…

続きを読む

投資者・消費者の合理的な判断と考慮期間

 ニュースの夏枯れには少し早いですが,本日は食指の動くニュースがないので,個人的な経験にコジツけて一般的な話をしてみます。  最近,MBO・完全子会社化などのために公開買付けが行われることが多いです。昨日も三菱地所がアーバンライフに対して完全子会社化を目的として公開買付けを公表し対象会社が賛成を表明しております(こちら)。本題からは外れますが,時価が1000円前後なのに買付価格が2415円って…

続きを読む

みずほがアメリカで行政処分

日経:SEC、米みずほ証券に制裁金1億4000万円  米証券取引委員会(SEC)は23日、みずほフィナンシャルグループ傘下の米国みずほ証券に対し、顧客企業の自社株買いに関する情報の管理に問題があったとして、制裁金125万ドル(1億4000万円弱)を科すと発表した。みずほ側はSECの調査結果に否定も肯定もしておらず、制裁金支払いの合意によって和解した。 みずほ証券のアメリカの現地法人が,顧客情報を…

続きを読む

監査法人に対する異議

日経:法トーク〉監査に企業の異議認めて 本日興味を持ったのは,著名法律事務所の弁護士さんのご意見を掲載したこの記事。東芝の再建支援に携わった経験から,「不適正意見に関して企業側が異議申し立てをすれば第三者の目でチェックする仕組みをよく考えるべきだ」と提案する。とのこと。たしかに,東芝の上場維持・廃止の決定については,監査法人の意見がどうなるのかが世間の注目を浴びました。発行会社と監査法人との間で…

続きを読む

フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m