大量保有報告書とその使われ方(前編)

 金商法には大量保有報告制度というものがあります。かつて5%ルールと呼ばれていたもので(5%はいろんな法規制の基準に使われるので,最近では混乱するからあまり 使われていないようです),5%を超えて上場会社の株式を取得した投資家は,その旨を報告する必要があるというものです。個人的には修士論文を書いたテーマなのでなつかしい…  この規制趣旨は次のようなものです。会社の支配の所在,というかその…

続きを読む

某研究会にて

 昨日は、一緒に研究をしているM先生が某研究会で報告をされるので、参加してきました。  報告内容は、SAFE(Simple Agreement for Future Equity)についてです(すでにコチラでM先生が一部紹介済みです)。カリフォルニアのYコンビネータというベンチャーの育成機関(アクセラレータというものにあたるそうですがインキュベータとの違いはコチラ)が考案した資金調達方法です。…

続きを読む

上場・上場廃止

 前回の東芝の2部降格の話は、一連の騒動の結果、2部に降格ということではなく、単に債務超過が今年度解消されなければ、2部に落ちるというだけの話でした  ところで、上場とか上場廃止というのは、大企業の場合には世間的に注目されるばかりでなく、投資家に大きな影響を与えるものです。ただ、これが何を根拠にされているのかは、あまり知られておらず、人によっては法律で規制されていると考えているようです。こ…

続きを読む

え、東芝は2部降格??

 昨日、東芝株に対する証券取引所の判断がどうなるのか、と書きましたが、本日、(最初に報じたのは毎日新聞でしょうか)東証2部に降格する見通しとのニュースがありました。債務超過が続く見通しであることから、上場要件との関係で、2部に降格する、とのことですが、これって出所はどこなんでしょう?記事は「誰が」そう判断したかはボカシていますが、取引所関係者なんでしょうか?  というのは2部に移るか否か以前に…

続きを読む

東芝さんがまたまた大変に

 一昨年から世間を騒がせている東芝ですが、どんどん大変なことになっていますね(こちら参照)  会計不祥事の発覚した2015年以前から指名委員会等設置会社を採用して、それなりに企業統治は整っていたようですが、肝心の委員会が機能しなかったとか(こちら参照)。その不祥事を教訓に取締役会構成員の過半数を社外取締役にするなど、ガバナンスをさらに改善したそうですが、どうも状況はどんどん悪化しているようです…

続きを読む

会社法改正の記事

 今日の日経新聞の社説でも取り上げていましたが、法制審議会で会社法改正の議論が始まります。社説で主として話題にしていたのは、濫用的な株主提案権の問題です。学界での議論がどういう方向に進んでいるのか、恥ずかしながら、フォローしていませんが、少数株主権としての、議決権300個以上という要件が、現在の実務に照らすと低すぎる、ということではないでしょうか。この要件が商法(現会社法)に入った頃はそうでもな…

続きを読む

クラウドファンディングは投資資金よりもオタクマネーと相性がよいのでは?

 古い話で恐縮ですが、「君の名は。」「この世界の片隅に」など昨年はアニメーションの当たり年だったようです。私はどちらもまだ観たことはなく、ほとぼりが冷めた頃に(?)、DVDを買って観ることにしております(評判にはならないけど、「聲の形」も原作のコミックはがとても良かったので、DVD鑑賞予定です。)。  このブログとの関係では、「この世界の片隅に」がクラウドファンディングで資金の一部を手当て…

続きを読む

伊藤園による優先株式の自己株式取得

 ずっと風邪を引いていました。今年の風邪は結構シツコイですね。なかなかすっきりと治らなかったです。  この間、いろいろありましたが、さしあたり、マイナーなものを。 伊藤園 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ  優先株式を1%ほど取得するそうです。取得理由は 機動的な資本政策を遂行するため、自己株式の取得をするものであります  これまでも何度か優先株式の自…

続きを読む

フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m