会社支配の公正確保ってなんだろう?

本日のお話しは,自己株式取得を禁ずる根拠の1つ,「支配の公正を害する」とはどういうことなのか、ということについてです。他の3つの理由については,十分かどうかは別として,それぞれ規制が加えられたうえで,自己株式取得が解禁された,と説明できるのに対して,支配の公正については,特段なにも手当てがされているとはいえないので,授業などでどう説明するのはいつも悩みます。権威あるテキストによると,「反対派株主…

続きを読む

自己株式取得の規制趣旨

週末は,家族で筏釣りをしていました。潮回りが悪かった割にはよく釣れました。釣りたてのキスの天ぷらやアジの塩焼きは美味しかったのですが,週初めなのに重労働をしてきたように体が重い… さて,前回の続きです。自己株式取得の規制趣旨から確認しておきます。 従来は自己株式取得は原則的に禁止されていましたが、その理由は ①株主の売却機会の均等を害する ②資本維持を害する ③会社支配への公正を害…

続きを読む

古い話ですが ~ イー・アクセスとアッカの経営権争い

 先日,授業で「自己株式」について扱ったおりに配布した資料を見ながら, 「そういえば,こういうのもあったね」 と古い事件を思い出しました。 イー・アクセスとアッカの経営権争いに絡んだ自己株式取得についてです。動きの速い業界なので、すでに両社とも存在しないですが。  概要はつぎのとおり。2008年3月にADSLサービス業者である「イー・アクセス」が同業の「アッカネットワークス」の経…

続きを読む

株式併合と売買単位(単元株)の統一

 新聞を読んでいると最近,株式併合をする会社がとてもたくさんあることが分かります(今朝の新聞では東京製綱など)。これはなぜでしょう?  理由は,東京証券取引所(正確には全国の取引所)が株式の売買単位を2018年10月までに100株に統一することを決定したためです(コチラ参照)。 たしかに,以前のように,1000株やら500株,20株が混在していると(前記資料では2007年11月時…

続きを読む

高速取引と証券会社のディーリング業務

昨日の日経投資情報面です。高速取引の影響で、自己売買で稼いでいた中小証券会社が苦境を迎えているとのこと。 コンピュータと人間が取引速度を競っても勝負は決まっています。アローヘッドの導入による処理スピードの向上もそうですが、東証が呼値の刻みを小さくしたことも証券会社の利ザヤを小さくしたのではないでしょうか。証券取引所も世界の市場で競争しているので、サービス向上に突き進まざるを得ないので、昔ほ…

続きを読む

【週末の日記】地震予知業界の利権に関する雑誌記事

 送られてきたFACTAの最新号を読んでします。「LIXILに『第二のジョウユウ疑惑』」」は、この雑誌編集部の執念を感じますね。野次馬的関心で申し訳ないですが、この会社は来月の株主総会は無事に乗り切ることができるのでしょうか?  「予知の幻想で予算4000億円『地震学村』の焼け太り」は、熊本地震のときに同じことを思ったことでもあり、とても興味深く読みました。駿河湾地震をあおって大震法ができ、…

続きを読む

HOYAの自己株式買い過ぎ事件

 本日の日経投資情報面には,スチュワードシップ・コード絡みの記事が出ておりコメントしようかと思ったのですが,同じ投資情報面のHOYAの「自社株買い過ぎ236億円」の方に強く惹かれましたので,そちらの方を。  HOYAが分配可能額を超えて自己株式取得をしたそうです。東証一部上場の優良企業らしくないミスといえそうですね。記事では,  同社は「故意性はないが、ガバナンスが不十分だったため生…

続きを読む

プロ経営者の退場とストックオプションの設計

 内部昇進の取締役が一般的だった日本企業でも,最近は社外からプロの経営者を招聘する事例が多くみられるようになりました。ただ,そのように選任されたプロ経営者が志半ばで会社を去る例を最近耳にします。事情はそれぞれ違うのでしょうけど,LIXILの藤森社長,ベネッセの原田社長などです。たいへんだなあと思うけど,プロスポーツの監督なんてしょっちゅう交代させられていることを考えるなら,プロならば当然ともいえ…

続きを読む

情報伝達者らのインサイダー取引規制違反

 東証マザーズの上場会社で情報伝達者らのインサイダー取引規制違反容疑に基づく強制調査が行われたとのニュースが出ています。2014年改正後の刑事事件として最初のものになるようです。インサイダー取引規制のネタは、私の大好物ですが🍴、少なくとも新聞記事の情報だけで判断する限り、理論上も実務上もさほど議論すべきことはなさそうな…詳しく内容が分かればまた取り上げるかも、ということで。

続きを読む

業界的にはNISAのロールオーバーが論点なのだそうです

 以前,NISAで買った銘柄について,いつ非課税期間が切れるのか分からないのでどうにかほしいと文句をつけていましたが,こちらの記事でなんとなく事情が理解できました。非課税措置の切れた株式は,新たにNISA口座に移す「ロールオーバー」が選択肢のひとつになるけど,システム負担や顧客への説明に手間取るので,さしあたり先送りするために,非課税期間を5年から10年にしてほしい,というのが業界の要望というこ…

続きを読む

フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m