ゲートキーパー

 ゲートキーパーという言葉は、各方面で使われており最近では自殺防止活動でもこの呼称が使われているようです(デジタル大辞泉参照) 。  金商法ないし金融市場で使われるゲートキーパーも,明確に定義されているわけではなく、使う人によってニュアンスがあります。最初にそれが使われたときは、第三者に違法行為などを抑止させる枠組みという意味で使われていたようです(おそらくこの文献が最初→ Kraakman,…

続きを読む

昨日のつづき

 レモンの市場の議論から得られる示唆は、参加者が匿名の市場というものが、適正に機能するうえでカギを握るのは、単なる情報開示でなく信頼できる情報の開示だということでした。 証券市場における情報の発信者は企業で、発信される情報は財務情報ないし非財務情報です。原則としてそれらは会社自身が作成するものですが、公認会計士・監査法人による監査が求められています。つまり会計の専門家によるチェックを受け…

続きを読む

単に情報を開示すればイイってものではないというお話し~ レモンの市場 

金商法では情報開示がとても重要であるといわれます。では,企業の情報が開示されれば,それで株式市場は機能するのか?これが本日のお話しです。 情報開示の必要性を議論する場合、よく引き合いに出されるのが、「レモンの市場」の問題です。レモンとは、粗悪品の中古車のことを指します。新品の工業製品と異なり、中古の商品は品質の劣化の仕方が、それぞれ異なるうえに、外からは一見して劣化の状況が分からない場合が…

続きを読む

【今日はただの日記】絵本の誤訳について

今日は金商法とは関係のないおはなし。 この前の日曜日,テレビ番組の中で絵本の読み聞かせをしている大人の集まりがある,という話題を取り上げていました(NHK・サキドリ)  たしかに,絵本でも児童書でも大人が読んでも面白いものは沢山あります。ウチの子供も少し前まで絵本の読み聞かせをしていましたが,いまは児童書を読んでいます。 作家でいうと, 岡田淳…『びりっかすの神さま』『放課後の時…

続きを読む

情報開示と比較可能性確保

 先日書きましたコーポレートガバナンス・コードは,東京証券取引所を通じて上場会社各社にcomply or explainの状況を公表することを求めています。これが「コーポレート・ガバナンス報告書」です。その内容は、有価証券報告書や決算短信,会社自身が自主的に公表している情報誌などの中ですでに情報公開されているものが少なくありません。それでも、あえて報告書にまとめて提出・公表することを求めている理…

続きを読む

コーポレートガバナンス・コードについて

 東京証券取引所が昨年6月にコーポレートガバナンス・コード(以下,GCと略します)を上場規程に反映させてから,半年近くが過ぎ,ネットなどを通じて各社の報告書を読むことができるようになりました。上場会社の報告書が出そろってから,今年の株主総会シーズンに至るまでの間はまた盛り上がりそうですね。  ところで,東証は2004年に「上場会社コーポレート・ガバナンス原則」 なるものを作成していたので…

続きを読む

つづき

 アメリカの連邦判事をしていたブランダイスの著書『他人のお金(Other People’s Money)』(1914)は,情報開示を論じた古典として引用されることが多いです。前回,カマボコの情報開示とカマボコ会社の株式の情報開示とを比較しましたが,『他人のお金(Other People’s Money)』においても,「連邦純正食品法は,品質や価格を保証するものではない。同法は原材料の開示を要求す…

続きを読む

【金商法の初歩】企業内容の開示 ~ なんで情報開示が必要なのか

 金商法ではなにかと、ディスクロージャー、情報開示という言葉が出てきます。これはどうしてでしょうか。一般商品を例に挙げると、よくわかると思います。 カマボコなどの加工食品を買うと,パッケージに原料や原産地が表示されています。一般消費者向けの飲食料品には,品質表示基準制度が設けられているからです(食品表示法4条)。加工食品については,その原材料を重量順に表示することが求められているほか,…

続きを読む

(こちらでは)はじめまして

これまで別サイトで標題のブログを書いていましたが,今年からこちらに引っ越すことにいたしました。 前のブログはこちら 新規の皆様は,どうぞ宜しくお願い致します。 旧のブログの方の皆様,非常にご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした。 もうすぐ節分ということで、新年の挨拶の時期などとうに過ぎてしまっています。 なにかと忙しく、ちょっと書く暇がなかった…というより考える暇がありませ…

続きを読む

フリーメールですが,アドレスは次のとおりです。 6580072★gmail.com (★に@を入れてください) 誠に申し訳ないですが,必ずしもすべてのメールに対してご返事をするとは限りませんので,悪しからずご了承下さい  m(_ _)m